大腸がん検査や治療の疑問相談室
   手術や大腸がん検査、治療について。末期大腸がんや転移についても解説。

 大腸がん転移の恐怖

ガン治療に最も効果的な食事法

大腸がん転移することは、その後の治療を考える上で、できる限り避けなくてはならないことです。検査によって発見されるのが遅れ、肺や肝臓、腹膜、リンパ節に転移して切除困難な状態になると、手術によって切除することが難しくなる場合もあります。

他の臓器に大腸がんが転移しても、完全治癒が望めることもありますが、それも早い段階での治療が条件となります。末期に向かって悪化していくプロセスで、他の部位も巻き込んで全身に症状が広がってしまうのです。

手術は完治させるために決定的に重要な手段ですが、手術を行うためには、症状の広がり方などに条件があります。もはや手術では手がつけられないということになると、放射線治療や化学療法を用いることになりますが、副作用もありますし、なかなか癌細胞が完全に死滅するということもありません。

このような事態に陥らないために、まずは定期的に毎年検診を受けることが大切です。検診で早期発見することに成功すれば、転移が始まる前に治療を始めることもできます。自覚症状がある場合はもちろん、そのような意識はない場合であっても、検診を受けておくことは大切です。

人間の身体は強靭なようで、実は病に冒されやすいものです。大腸がんの転移が起きることで死に近づくことがないように、検診などで予防策を講じておきましょう。治療よりも予防が大切です。

copyright © 2005 大腸がん検査や治療の疑問相談室 all rights reserved.