大腸がん検査や治療の疑問相談室
   手術や大腸がん検査、治療について。末期大腸がんや転移についても解説。

 大腸がん手術の体験談

ガン治療に最も効果的な食事法

大腸がん手術体験談を通して、その実態に迫ることができます。患者さんの声に耳を傾けることで、執刀する専門医の立場ではなく、手術を受ける患者さんの目線に立つことができるのです。体験談には、事前の説明や専門医の態度が不安の種になっているや、十分な信頼関係を築けていないことが分かる場合もあります。本来、担当医とは十分にコミュニケーションを図り、相互理解をしておきたいところですが、それが実現しているとは言いがたい実態があるのは事実でしょう。

今後、大腸がんの手術をする方は体験談を通して、心構えや気持ちの推移について知っておくと、いざという時に混乱しなくてすむでしょう。自分の体にメスを入れられるとなると、多くの場合には恐怖や戸惑いを感じるものです。病院という慣れない空間で、自分だけが部外者であるかのように感じてしまうこともあります。手術体験談によって、そんな気持ちを抱えるのは普通のことであることが理解できるでしょう。

大きなストレスにさらされながらでは、体にも良い影響は与えません。回復力や免疫力を落とすことにもなりかねません。そんなことにならないように、気持ちを安定させておくことが大切です。大腸がんの手術体験談を読むことによって、事前に疑似体験をすることができれば、本番でも過剰に力まずに、リラックスすることが期待できます。また、病院選びや名医を探すことについて、考え直すきっかけになるかもしれません。

検査によって発症が確認された以上、治療を行わないわけにはいきません。何もしないでおけば、そのまま末期に向かって進行してしまうだけです。大腸がんの手術を行えることは、症状の改善へかけられる期待の大きさという観点で言えば、幸運と捉えることもできます。直接病巣を切り取ることで、大きな治療効果を得ることができるからです。踏み切る勇気が出ない場合には、これまでに決断をしてきた患者さんの体験談を読むことで、気持ちを鼓舞してみてはいかがでしょうか。

copyright © 2005 大腸がん検査や治療の疑問相談室 all rights reserved.