大腸がん検査や治療の疑問相談室
   手術や大腸がん検査、治療について。末期大腸がんや転移についても解説。

 大腸がん再発

ガン治療に最も効果的な食事法

大腸がん再発する場合、もっとも頻度が高いのは肝臓であり、他には肺や原発巣の付近、腸管をつなぎ合わせた部分も再発が起こりやすい部位です。すべてのガン細胞を切除しきれていないと、治療の時には見落としていても、後になって大きくなってくることで大腸がんの再発として現われます。術後の定期検診によって発見されることもあれば、症状が現われることによって診断を受けたところ、見つけられることもあります。

もし再発が見つかったのなら、治療を始めることが必要になります。改めて完治を目指す上でも、手術が重要になることに変わりはありません。たとえ手術を適用できない場合であっても、近年の抗がん剤の改良によって、治療成績には期待が持てます。まずは名医と相談し、どのような方法が最善かを検討しましょう。大腸がんの再発を機会に名医を探すことも選択肢として視野に入れる価値があります。

一般に、初期の場合よりも末期症状に近づくほど再発の危険は高まります。したがって、病期(ステージ)が進行するほど、予後に大腸がんが再発することが多くなることは知っておいた方がよいでしょう。予後の見通しについては患者さんごとに異なる事情もありますので、個別の事情については、主治医に確認しておくことが大切です。現実を知っていれば、あらかじめ心構えができますので、不意打ちを食らう心配がなくなります。

もし再発の危険があると診断された場合で、主治医があまり信頼できる専門医ではないと感じていたのなら、治療後に念のため名医がいる病院についての情報を収集しておくという手段もあります。もし大腸がんが再発したとしても、より良い医療を受けられる環境が整っていれば、気持ちの動揺を小さく抑えることもできるはずです。

copyright © 2005 大腸がん検査や治療の疑問相談室 all rights reserved.