大腸がん検査や治療の疑問相談室
   手術や大腸がん検査、治療について。末期大腸がんや転移についても解説。

 末期症状の激しい苦痛

ガン治療に最も効果的な食事法

直腸がんや結腸がんを総称して大腸がんと呼んでいますが、末期になると激しい苦痛をきたすようになります。どのような症状がでるかは、原発巣の部位や転移の箇所によってもことなりますので、誰もが同じというわけではありませんが、一般には血便や便通異常、腸閉塞、貧血、腹部の膨満感、下痢、便秘、体重減少、腹部のしこり、腹痛などを起こします。

初期症状のうちは無自覚でも、大腸がんが末期に近づくにつれて症状が現われます。ただし、特有の症状というよりも、他の病気によって生じることもあるものであるために、深刻に考えずに病院に行くのが遅れてしまうことも少なくありません。

食生活の欧米化により、日本人にとって大腸がんは身近になり、末期になってしまう方も増えました。今後も増加傾向は続くと見られていますので、他人事ではなく、直腸がんや結腸がんのリスクを真剣に考えておく必要があります。もちろん、食生活を急に変えることは難しいですし、伝統的な和食への回帰を果たすのは困難でしょう。発症リスクが高まった以上、早期発見に努めるのが賢明です。

初期症状のうちであれば、内視鏡的治療や手術を中心に治療を行い、治癒を目指すことも十分に可能です。問題は、末期症状にまで進行してしまった場合です。この場合には、すでに手のつけようがないケースもあり、苦痛のコントロールが治療の主要な目的となる場合もあります。鎮痛剤によって痛みを和らげることができますが、その半面で副作用として意識が朦朧とするといったこともあります。

末期大腸がんを予防するためには、まず罹患しないように食事のメニューを見直すことやタバコを吸う方は禁煙することが大切です。それに加え、もし罹患してしまっても早期発見できるように、30歳を過ぎたら1年に一回は健診を受けるようにしましょう。

 大腸がんの検査はここに注意

ガン治療に最も効果的な食事法

大腸がん検査を受けるのであれば、知っておいてほしい注意点があります。

病気の告知を受けるまでは健康に対する高い意識を持っている人は多くありませんが、やはり早い段階から最低限の知識を持っておくことが健康を維持して暮らしを送るために求められています。

できれば事前に知っていることが理想ではありますが、大腸がん検査を受けた後でもまだ間に合います。

患者となるかもしれないという段階で知っておくべきことを把握しているかいないかで、その後の闘病生活は変わってくることもあるのです。

病院に全て丸投げというのも一つの方法ではありますが、自分の体のことを理解できないままに他人に任せてしまうというのも不安な話ではないでしょうか?

やはり大腸がん検査についてどのようなポイントがあるのかは押さえておいた方が望ましいでしょう。

もちろん医師や医大生ではないのですから、何年もかけて医学を基礎から学んでいくというわけにはいきませんし、そんなことをしている間に胃や肺などに転移して症状が悪化してしまいかねません。

吸収するのは最小限に範囲を絞った事項であって、余分な部分は極力省き、エッセンスとなる中核部分について学習することが無駄な遠回りを避けるための秘訣でしょう。

一般に言われる大腸がんの検査を、さらに精度の高いものにするためにどのような協力が可能であるのかが分かっていれば、それが健康にもたらすメリットと、日常の暮らしに与える影響のバランスを考慮して、採用するか却下するかを冷静に判断することができます。

人間は毎日知らず知らずのうちに決断を下しています。

朝目が覚めてすぐに起き上がるのか、もうすこし横になっているのかというところから始まって、今日は何をするのかということを常に決めていくのです。

もちろん、毎日の繰り返しをそのまま踏襲するというのがほとんどの場合に共通する判断であるため、そこで一括して方針が決定されているため、実感として常に何かを決意しているという意識はないでしょうが、理論的にはそのようなことになります。

大腸がんの検査にどのように向き合うのかということも、その場逃れではなく、自分の知力を振り絞って考えておくことが必要です。

もしかしたら自分の寿命を決定することになるかもしれない重要事項なのですから、何にもまして優先させる価値があります。

生きていなければ何もできないのですから、まずはこの病気にかかっているのか、そうだとしたらどのような症状で治療はどんな風に行われるのかといったことに関心を持ち、大枠だけでも把握しておきましょう。

備えあれば憂いなしといいますが、大腸がんの検査にしても事前のチェックを行っておくことで、その場になって慌てなくて済みます。

現代人の生活習慣としては少なくない病気ですし、それが子音になっていることも珍しいことではないだけに、定期的に症状についての確認をしておくことで安心をえることができます。

時間がたてば他の臓器にまで転移をしてしまうことにもなりますので、早期発見が治療の鍵となります。

1年後の朝にも快適に目を覚ませるように、今のうちに大腸がんの検査を受けておいてほしいのです。

末期になってから気付いたところで、すでに治療できる範囲も限られてきてしまいますし、気分だって塞いでしまうでしょう。

まだ簡単に手術等で完治できる状態であれば、希望を持って治療に望むこともできますが、もはや死を待つだけとなってからでは、多少の延命を図ることはできたとしても、大きな好転は期待できません。

定期的な大腸がん検査によって、末期になるまで放置してしまうリスクを削り、健康的な生活に寄与するものになるのです。

ちょっとした散歩一つとっても、病気にかかることで困難になることもありますし、不可能ではないにしても、体が大儀で気だるくなってしまうこともあります。

散歩ができないということは、外出を伴うような趣味や仕事には支障をきたしてしまうということです。

まだ現役で働いている人であれば、大腸がんの検査を受けていなかったことにより、治療費が余分にかかってしまう危険があるだけではなく、病気のために仕事を続けることができなくなって退職することになり、若くして収入を失うこともありえます。

退社しても失業保険がもらえますが、期間や金額が限定されていますので、やはり毎日会社勤めをして給料をもらっている時代に比べて、著しくお金が足りなくなるということになりかねません。

検査は休日が1日あればできることですが、それを怠ったおかげで慣れ親しんだ職業を離れて、再就職の目処も立たなくなってしまうという状況に直面して、収入が減少しているのに治療費がかさむことで支出は増加することで収支のバランスが悪化してしまうことになるのです。

もっとも、病気になる心配をしながら毎日を暮らしているわけではないでしょうから、それほど敏感になることができないのはやむを得ませんし、あまり健康にばかり気を遣っていたのでは、人生の幅が狭まってしまいます。

あまり考えなくても要点を押さえておくための仕組みを構築しておくことが大切なわけで、毎年一度は大腸がんを初めとした検査を受けるということを年中行事に組み込んでしまえば、いちいちテレビの医療特集を見てから自分の体が大丈夫かを検討してみる手間が省けます。

定期的な計画を組んでしまえば、忙しさにまぎれて流してしまうということも避けられます。

学校を卒業してしまうと、卒業式や終業式のような行事がないだけに、正月ぐらいしか一年の中で決まったものがないという方もいらっしゃると思いますが、何月に大腸がんを検査するということを自分の中で取り決めておけば、時間が経ったことを実感することもできます。

学校のように春休みや夏休みのような長期休暇がない分、自分で行事を作ってしまえばよいのです。

 大腸がん名医とされる医師

ガン治療に最も効果的な食事法

大腸がん名医ランキングを参考にして、納得できるドクター選びをしましょう。病院の数だけ経営方針がありますし、ドクターの力量も千差万別です。名医とヤブ医者ではまったく異なりますし、大腸がん名医によって転移を防げたり、一命を取り留めたりといったことは少なくありません。短期間で症状を本質的に見極めることのできる名医であれば、そこから放射線治療や手術、化学療法をうまく組み合わせて結果を出すことができます。

名医を見つけるのは1日も早いにこしたことはありませんが、たとえ検査で症状が進行していると診断されても諦めることはありません。他の病院では見放されても、大腸がん名医の手にかかって助かる例は報告されています。生きることを諦めない限り、名医と共に闘病生活を送ることで、生き延びる希望は残されているのです。患者が健康を取り戻すことを諦めてしまえば、いかに大腸がん名医でも手の打ちようがありません。抗がん剤を処方したとしても、それを服用するのは患者の課題です。

専門的なことは大腸がん名医に任せるとしても、患者の協力なしに治療は行えないのです。高い技術と見識を有する名医と出会いたいなら、名医ランキングや口コミ情報を参考にしてみることをお勧めします。名医を探せば、それに伴って病院選びもできるはずです。多少手間がかかるとしても、ここが運命の分かれ道になることを十分に理解して、妥協はしないでください。後になってから、名医に治療を受けていたら、と仮定の話をしても手遅れなのです。

現在なら、ネットでも大腸がん名医の情報を入手することができます。実際、検索してみれば数多くのホームページが表示されますので、試してみてください。例えば、闘病記の中にも自分が助けてもらった主治医について記述されているものもありますし、病院側が実績を表示していることもあります。これらを参考にして大腸がん名医を探してみてはいかがでしょうか?

まったく手がかりがない状態では難航してしまう人探しも、ヒントがあれば順調に進んでいきます。ちょっとしたきっかけで事態が好転し始めることを実感すると、闘病生活を勝ち抜くことができるという自信にもつながります。治療には信頼関係が不可欠です。あなたにとって最適な大腸がん名医を見つけて、根治目指してがんばりましょう。

 末期大腸がんと診断されて

ガン治療に最も効果的な食事法

検査の結果、末期大腸がんという告知を病院の一角で受けました。

医療について詳しい知識は持ち合わせていませんでしたが、末期大腸がんが死に直結する恐ろしい病気であることは明白です。

症状についての詳しい説明や、どこまで転移が進んでいるかを理解できるだけの心の余裕はなく、今後の治療方針もうわのそらで聞いていました。

末期大腸がんにかかっていたという自覚はまったくなく、長く体の不調を感じていたので風邪ではなさそうだということで検査を受けたところ、まさかこれほどまでに重い病気にかかっているとは思いもしないことです。

食事に気を使ってきたというわけでもありませんし、消化器系には負担をかけていたのかもしれませんが、発見がこれほど遅れてしまうとは思いませんし、別の患者とカルテを取り違えているのではないかと思って、数日を過ごしました。

まさか自分が末期大腸がん患者であるわけはないだろうという過剰な自信が心の片隅には残っていて、しばらくすれば病院側から間違いだったと謝罪してくるのではないかという思いが消えず、その時には怒りよりも安堵が勝って、笑顔で許せるだろうとも夢想していました。

しかしながら、誤診やカルテの取り違いであったという報告が来ることはなく、放射線治療や抗がん剤を使用した場合の副作用、手術の方法についての説明が始まりました。

どうやら、私が末期大腸がんにかかっているのは、間違いでも何でもないようです。

腹を決めなくてはならないと理解してからも、初めて直面する事態に頭が混乱し、ただ人生という道のりが、ある日突然遮断されて暗闇に包まれるようなイメージが脳裏に色濃く映るようになり、それがこの瞬間に起こるのではないかという不安が芽生えました。

そうなると名医を見つけて助けてほしいと思い、友人に末期大腸がんの治療を得意とする名医を知らないかと聞いて回りました。

友人たちの中にも、病気をわずらって手術を受けた者や、入院経験を持つ者はいましたが、同じ病気に苦しんでいるものはいなく、名医探しはあっさり頓挫しました。

手に入らないとなると、なおさら入手したいという欲望に駆られるのが人間の性質で、名医の診断を受けてから抗がん剤の投与や放射線治療を受けたいという気持ちは日増しに強くなってきました。

新しいおもちゃを欲しがる子供のような自分の姿に、苦笑を禁じえないものの、その気持ちを止めることができません。

検査を受けた病院で、名医を紹介してくれるように頼んでみようかと真剣に考えたこともあります。

主治医との関係は修復不能かもしれませんが、転院すれば会うこともないのだし、末期大腸がんになっている以上、もたもたしていられるほどの猶予はありません。

一刻も早く名医と出会って、改めて症状について解説してもらい、手術の必要性や他の治療方法との併用など、今後のことを決めてほしかったのです。

今日こそは切り出そうと思って病院に行き、たとえ相手を不快にさせたとしても聞くのだと腹をくくりながら主治医を前にすると、ふと今までのことが走馬灯のように頭を駆け巡りました。

告知を受けた日も含めて、目の前に座って向き合う医師は、穏やかながらしっかりとした口調で丁寧に話をしてくれました。

私が呆然としている時であっても、繰り返し理解を求めながら説明をしてくれたこの医師の思いを裏切っていいのだろうかと、迷いが生じたのです。

もしここで名医の所在を尋ねたりしたら、今生の別れになるような切ない気持ちがこみ上げてきて、結局切り出すことはできずに終わりました。

これまでは名医を探せば助かるのだと思い込んでいましたが、末期大腸がんを完治できる保証などあるわけではありませんし、今後の寿命だって対して変わらないかもしれません。

それならば、今まで付き合ってきてくれたこの主治医に全てを託してみてもよいのかもしれません。

どこか現実逃避をしながら、真剣に向き合ってこなかった病気との関係も見直し、食事や生活習慣から見直して、少しでも長生きできるようにがむしゃらに努力してみたくなりました。

生活の質という話を、以前聞いたことを思い出し、どれだけ苦痛を感じずに自分のやりたいことをできるかという要素も最近の医療の現場では重視され、特に末期大腸がん治療のように、完治が困難な状況ではことさらにその傾向が強いということです。

その際には、患者の意思によって治療方針も変更することになるということでしたが、確かにどのようにこれから生きていきたいかを聞かれたりしたこともありました。

真剣に自分の人生について振り返り、未来を見据える時期が到来していることを、そろそろ受け入れなくてはならないのでしょう。

ただ、毎日決め事として繰り返していた食事にしても、これからあと何度食べることができるかという観点で見直してみると、とても有り難いものに感じます。

たくさんの動物や植物の命を頂き、ここまで生かされてきたのです。

日本では食品廃棄率が高く、私もそれを気には留めていませんでしたが、他の生物の命をもらっていると考えれば、大切にしなくてはいけないと、今さらながらに思うようになりました。

健康ということを考えても、食事については反省すべき点が多くあります。

外食を繰り返し、揚げ物やカロリーの多い物を何も考えずに食していた時期が続いていたことで、消化器系に無理をさせていたのでしょう。

こんな風に末期大腸がんになる前にそのことに気付いていれば、もっと別の人生が待っていたに違いありません。

しかし、過去を変えることはできず、悔やんでいる間にも時間は進んでいきます。

病院で唐突に固めた決意を忘れることなく生きるなら、過ぎたことをくよくよ思い悩んでいる暇はありません。

限られた時間であっても、未来に向かって末期大腸がんを克服すべく戦っていくのです。

どこかで妥協するのではなく、自分の限界を超えることができた時に、新しい境地を見出せるのかもしれません。

化学療法も放射線治療も含めて、できる限りのことはしていこうと思っています。

そして、そんな私の元へ朗報がもたらされました。

 大腸がん手術の名医がいる病院

ガン治療に最も効果的な食事法

大腸がん手術における名医のいる病院一覧を参照して、生存率を高めることは患者にとって有益なことです。

せっかく検査で症状を早期発見することができても、医療ミスに巻き込まれてしまっては台無しですが、一部の医師が繰り返し問題を起こしている実態を考慮すると、慎重に病院選びをすることでその危険はかなりの部分回避できることになります。

名医から大腸がん手術を受けられる病院は限られているので、速やかに転院を検討しましょう。

理想としては、現在の病院から紹介状を書いてもらえればスムーズに進むことがありますし、これまでの治療や症状の経過についても引継ぎをしてもらう必要があるので、しっかり相談することが大切です。

もう関係なくなるからどうでもいいという姿勢でいると、結局自分にとって不利益になって戻ってきます。

まずは的確な情報収集により、大腸がん手術を名医から受けられる病院の一覧やランキングを入手するか、自分の済んでいる地域を中心にして評判の良い医療機関を探すことになります。

実績があるということは、それだけ健康を取り戻した患者数が多いということになりますので、自然と口コミで噂が広まります。

自分の担当医の技術の確かさや治療にあたっていかに親身になってくれたかということは、健康を取り戻して日常生活に戻ってからも、人に話したくなるものですので、その地域での評価というのは高まっていくのは自然なことです。

そうして名医としての評価を受けた医師が所属する病院もまた、「大腸がん手術ならここ」、という声が地元で上がることになるのです。

典型的な口コミの起こり方ですが、マスコミによる余計な操作が組み込まれていない生の情報として貴重な価値を持っています。

もちろん問題がないわけではなく、まず実績と噂が広まるのに時間差があるため、緊急の要件には向かないことや、その口コミを耳にするのは一部の人でしかないため、本当に情報を必要としている人の耳には入らない可能性があるといったことがあります。

すでに大腸がん手術の名医が引退したにもかかわらず、いつまでも高い評価が続いてしまって、実態よりもはるかに美化されたイメージが形成されてしまうことになれば、過剰な期待は裏切られつづけることになります。

死人に口なしと言いますが、治療がうまくいかずに死亡してしまった場合、本人が誰かにそのことを告げることはできません。

家族なら可能ですが、明らかに医療ミスがあったというような場合や、医師の言動にあからさまに不謹慎な点が含まれていたり、いわゆるドクハラが行われたということでもない限り、病院を非難するようなことはあまり言わないでしょう。

つまり、よほどのことがない限り悪い噂は流れず、良い評判は立ちやすいということが言えます。

このことから、標準的なレベルの医療しか提供できていない病院にも関わらず、知人が多くて話し好きな患者が大腸がんの手術を受けて、「あの病院には名医がいる」と思い込んで大勢の人にそのことを話せば、口コミではとても評価が高まってしまうという恐れがあります。

噂話として聞いただけで、いちいち検証しようという人はごくまれでしょうから、そのような実態とかけ離れた評価がまかり通ってしまいかねないというのが、口コミの怖さでもあります。

近所づきあいの仕方により、特定の誰かが情報の発信源になっていることが多いという特徴も出てきますので、その人の主観が噂に色濃く反映されてしまうという短所もありますので、あくまでも情報の一つとして考えて、鵜呑みにするのは避けた方が賢明でしょう。

最近では、口コミも人から直接聞くものだけではなく、インターネットを通して広まっていくことも多くあります。

大腸がんの名医についてもそれは同じことで、手術を経験した人が積極的に情報を発信していることもあれば、病院側が実績を開示していることもあります。

インターネットを通しての場合、不特定多数が閲覧することになるので、自由な意見交換ができるという半面で、匿名性を利用して他人を混乱させる目的だけでの発言もあります。

うがった見方をすれば、医師や病院関係者が自ら患者になりすまして、「あそこの病院には名医がいた」という告白を行っている可能性だって0ではありません。

少なくとも、大腸がん手術の情報を個人的な人脈に制限されることなく収集できるという点において、インターネットが役立つことは間違いないでしょう。

実際、検索エンジンに病名を入力すれば多くの情報が得られますし、「大腸がん」という言葉と「手術」や「治療」という言葉を入れれば、それらに関連するホームページを簡単に見つけ出せるのですから、時間をかけずに多くの情報源にたどり着くことができます。

直接人伝いの話にしても、インターネットにしても、口コミには検証という過程が抜けていることが多いという弱点は共通しています。

その点、テレビや雑誌のようなマスコミであれば発信者として名前を出しますし、報道する責任がついて回りますので、その課題はクリアできます。

もっとも、必ずしも綿密な調査が行われているという保証はありませんし、規模が小さな雑誌であれば、インパクトのある記事を載せることが売上を伸ばすことにつながるとばかりに、真偽よりも表面的な興味をかきたてるようなランキングを掲載していることもありますので、すべてを信じ込むのは危険です。

一言で大腸がん手術の名医ランキングと称するにしても、どのような選考基準にするのかによって、当然順位は変わってきます。

生存率を重視するのであれば、症状が初期にある患者の治療を多くしている病院が有利になりますし、完治を基準にしても同じことです。

患者の満足度が大きな比率を占めるのであれば、技術よりも人柄や接し方、看護士など医師以外の関係者の態度によっても大きな影響を受けます。

転移の状況などによっても大腸がんの手術は難易度が大きく変わりますので、名医を決めることは簡単なことではありません。

その前提をよく理解した上で、納得できる主治医選びをすることは容易なことではありませんが、生存率を高める上でも欠かせないことなのです。

 大腸がん転移の恐怖

ガン治療に最も効果的な食事法

大腸がん転移することは、その後の治療を考える上で、できる限り避けなくてはならないことです。検査によって発見されるのが遅れ、肺や肝臓、腹膜、リンパ節に転移して切除困難な状態になると、手術によって切除することが難しくなる場合もあります。

他の臓器に大腸がんが転移しても、完全治癒が望めることもありますが、それも早い段階での治療が条件となります。末期に向かって悪化していくプロセスで、他の部位も巻き込んで全身に症状が広がってしまうのです。

手術は完治させるために決定的に重要な手段ですが、手術を行うためには、症状の広がり方などに条件があります。もはや手術では手がつけられないということになると、放射線治療や化学療法を用いることになりますが、副作用もありますし、なかなか癌細胞が完全に死滅するということもありません。

このような事態に陥らないために、まずは定期的に毎年検診を受けることが大切です。検診で早期発見することに成功すれば、転移が始まる前に治療を始めることもできます。自覚症状がある場合はもちろん、そのような意識はない場合であっても、検診を受けておくことは大切です。

人間の身体は強靭なようで、実は病に冒されやすいものです。大腸がんの転移が起きることで死に近づくことがないように、検診などで予防策を講じておきましょう。治療よりも予防が大切です。

 大腸がんの初期症状の見分け方

ガン治療に最も効果的な食事法

大腸がんの初期症状としては、血便や貧血、便秘や下痢を繰り返すといった兆候が見られることがありますが、一般的には無自覚なことが多いです。そのため、異常に気付いた時にはすでに進行していることがしばしば見られます。

したがって、大腸がんを初期症状の段階で発見するためには、定期的な検査を受けておくことが重要な要素となります。まだ自分では普段と違うことを意識していなくても、病院から宣告を受けることがあります。

いくら初期症状でも大腸がんを告知されることはショックだと思います。しかし、初期の段階で見つけることができたというのは、不幸中の幸いといえることです。末期に至ってから見つかってしまっても、治療の効果が薄いことが多いのです。

初期症状であれば、まだ転移がないことも多く、手術を行うことで完治することも期待できます。再発の危険を考えても、腫瘍が広がる前に切除してしまえば、リスクを小さく抑えることができます。

予防できることがベストですが、もし発症してしまったのなら、大腸がんを初期症状のうちに発見することがもっとも理想的です。生存率を見ても、ステージが初期の段階の方が高いですので、早期発見を心がけましょう。

定期的な検査を受けることと、体調の異変を見分けるための正確な知識を身につけることで、初期症状を見逃さないで下さい。

 大腸がんの名医がいる病院

ガン治療に最も効果的な食事法

大腸がんを名医から治療してもらうことには、多くのメリットがあります。検査や症状の分析、治療は自分で行うことができない以上、名医に任せることによって、精度を高めることが望めます。

専門知識の差などで、病院の提示する意見は、患者さんにとって事実上の拘束力に近い重みを持ちます。大腸がんの名医を主治医にすることで、間違った情報や方針が提示されることを予防することができるでしょう。

患者さんとしては、自分の命は一つだけですが、病院にとっては数多くの命の一つです。無責任な専門医に出会ってしまっては、取り返しのつかない事態になりかねません。多くの患者さんを救ってきた大腸がんの名医をとともに、安心できる環境で完治を目指しましょう。

大腸がんはS字結腸がんや直腸がんなどに分けられますが、それぞれに死を招く危険を持っています。名医とともに癌と戦い、健康を取り返しましょう。現在の医療では、抗がん剤の進歩などによって、かつてでは治療が難しかった症状であっても、助かる場合もあります。

もちろん、早期発見が重要であることに変わりはありませんし、初期症状のうちに発見できれば、末期大腸がんの場合よりも5年生存率は高くなります。名医であっても、末期の患者さんの全員を助けることができるわけではありません。医療は万能ではありませんし、それを取り扱う名医もまた、万能なわけではないのです。

それが治療を受ける価値がないということではありません。むしろ、定期的な検査によって、初期症状の段階で見つけられる確率を高めておけば、効果的な治療を望めるケースが多いのです。ただ、健康を省みずに自堕落な生活を送り、食生活が荒れて慢性的な運動不足に陥るなどしている上、検診も受診していない方が末期症状になったとして、必ず完治できるかと言えば、そうではないことは当然でしょう。

医療は進歩していますし、世界各地の研究機関が画期的な方法も含め、研究を重ねています。そうした最新事情についても取り入れるのが大腸がんの名医の美点でもあるのでしょうが、研究を進めているということは、反面で完璧なものではないということでもあるのです。

すでに完成したものであれば、それ以上に進歩する余地がないのですから、現状を維持して、現場で効率的に運用できるだけでよいはずです。いまだに新薬や治療法の開発に余念がないのは、まだまだ救えない患者さんがいるということであり、彼らを救うためです。

したがって、患者さんとしても全てを病院や大腸がんの名医に任せるのではなく、検診によって初期のうちに発見できるように努めるといった努力は必要です。健康は当たり前のことではありませんし、天から与えられた権利でもありません。人類が病気と戦いながら医療や生活環境を発展させたことにより、日本では健康に暮らせるのが当然のようになっていますが、それは時として脆弱な基盤のうえに成り立っているものなのです。

直腸がんや結腸がんで有名人の方が亡くなったという報道が流れることがありますが、多くの場合、健康な方は聞き流してしまうでしょう。自分と関連のある病気だとは思わないので、有名人の訃報がニュースで流れたとしか考えないのです。

しかし、大腸がんにならない保障など、誰にもないのです。もしかかってしまった時のために、保険のような気持ちで検診を受けるようにしておいた方がよいでしょう。そのことが命を救うことにもなります。名医を見つける前に手遅れになってしまったのでは、元も子もありません。

大腸がんの名医がいる病院は、情報を集めることで見つけることができます。名医をパートナーとして、完治を目指せるようにするためにも、自暴自棄になることなく、冷静に検査の結果を受け止めてください。

 大腸がんの生存率をどう見るか

ガン治療に最も効果的な食事法

大腸がん生存率としては、全がん協の発表した5年生存率が参考になるでしょう。直腸がんならステージⅠからⅣまで、それぞれ96.9%、86.4%、71.7%、16.3%となっており、結腸がんでは同じくステージⅠから98.1%、94.0%、77.4%、20.1%となっています。初期から末期に向けて、大腸がんの生存率が下がっていることが分かるでしょう。特に、ステージⅣの生存率の低さが際立っています。

これを見ると、末期になってから治療をするよりも、初期症状の段階で発見しておくことがいかに重要であるかが分かります。直腸がんと結腸がんでは、生存率の数字に大きな違いがなく、傾向も似ていますので、どちらも同じ条件が当てはまると考えてよいでしょう。早期発見・早期治療という基本を守ることが、完治のために重要な手立てです。

大腸がんの生存率は現実を反映しているものですので、まずは資料として冷静に受け入れなくてはなりません。検査によって、どのステージに該当するかは分かりますので、それを基にすれば、おおよその見当をつけることができます。もっとも、ステージは大まかな分類でしかありませんので、患者さんの全身状態などによっても、状況は異なります。あくまで大枠を把握するための資料として考えるとよいでしょう。

末期になったからといって、何も打つ手がなくなるわけではありません。まずは病院の専門医との信頼関係を築き、前向きに闘病生活を送れるようにしましょう。

 大腸がんになる食事とならない食事

ガン治療に最も効果的な食事法

大腸がんになる食事といえば、いわゆる西洋食がその典型でしょう。肉や脂肪の摂取量が多く、野菜が不足しがちな食生活を送っていれば、それだけ発症リスクは高まります。それに対して大腸がんにならない食事としては、伝統的な和食を挙げることができます。それぞれの特徴を見てみましょう。まずは脂肪の量です。過剰な脂肪は危険ですし、メタボリック・シンドロームなどの諸問題を引き起こす元にもなります。また、同じ脂肪でも動物性のものよりも植物性の脂肪を摂取するように心がけましょう。

また、肉中心の食事は大腸がんの原因になります。魚を多く食べるように心がけ、肉でも牛や豚よりも鳥肉にするようにしましょう。当然のことですが、野菜も大切です。野菜や果物には食物繊維や抗酸化物質などが含まれており、フィチン酸、ジチオシオ、アスコルビン酸、セレン、カロテノイドなどの癌の予防効果が期待される物質が含有されています。偏らないように、様々な野菜・果物をまんべんなく摂取するように心がけてください。

現代の日本において、かつての和食を徹底することは難しいでしょう。大腸がんにならない食事として理想的であっても、食べるという行為には楽しみやコミュニケーションの場としての役割もありますので、無理のない範囲で取り入れてみることが大切です。食事のメニューは気をつけるだけで改善できる点も多々ありますので、まずは今の生活を振り返るところから始めてみましょう。

 大腸がん再発

ガン治療に最も効果的な食事法

大腸がん再発する場合、もっとも頻度が高いのは肝臓であり、他には肺や原発巣の付近、腸管をつなぎ合わせた部分も再発が起こりやすい部位です。すべてのガン細胞を切除しきれていないと、治療の時には見落としていても、後になって大きくなってくることで大腸がんの再発として現われます。術後の定期検診によって発見されることもあれば、症状が現われることによって診断を受けたところ、見つけられることもあります。

もし再発が見つかったのなら、治療を始めることが必要になります。改めて完治を目指す上でも、手術が重要になることに変わりはありません。たとえ手術を適用できない場合であっても、近年の抗がん剤の改良によって、治療成績には期待が持てます。まずは名医と相談し、どのような方法が最善かを検討しましょう。大腸がんの再発を機会に名医を探すことも選択肢として視野に入れる価値があります。

一般に、初期の場合よりも末期症状に近づくほど再発の危険は高まります。したがって、病期(ステージ)が進行するほど、予後に大腸がんが再発することが多くなることは知っておいた方がよいでしょう。予後の見通しについては患者さんごとに異なる事情もありますので、個別の事情については、主治医に確認しておくことが大切です。現実を知っていれば、あらかじめ心構えができますので、不意打ちを食らう心配がなくなります。

もし再発の危険があると診断された場合で、主治医があまり信頼できる専門医ではないと感じていたのなら、治療後に念のため名医がいる病院についての情報を収集しておくという手段もあります。もし大腸がんが再発したとしても、より良い医療を受けられる環境が整っていれば、気持ちの動揺を小さく抑えることもできるはずです。

 大腸がん手術の体験談

ガン治療に最も効果的な食事法

大腸がん手術体験談を通して、その実態に迫ることができます。患者さんの声に耳を傾けることで、執刀する専門医の立場ではなく、手術を受ける患者さんの目線に立つことができるのです。体験談には、事前の説明や専門医の態度が不安の種になっているや、十分な信頼関係を築けていないことが分かる場合もあります。本来、担当医とは十分にコミュニケーションを図り、相互理解をしておきたいところですが、それが実現しているとは言いがたい実態があるのは事実でしょう。

今後、大腸がんの手術をする方は体験談を通して、心構えや気持ちの推移について知っておくと、いざという時に混乱しなくてすむでしょう。自分の体にメスを入れられるとなると、多くの場合には恐怖や戸惑いを感じるものです。病院という慣れない空間で、自分だけが部外者であるかのように感じてしまうこともあります。手術体験談によって、そんな気持ちを抱えるのは普通のことであることが理解できるでしょう。

大きなストレスにさらされながらでは、体にも良い影響は与えません。回復力や免疫力を落とすことにもなりかねません。そんなことにならないように、気持ちを安定させておくことが大切です。大腸がんの手術体験談を読むことによって、事前に疑似体験をすることができれば、本番でも過剰に力まずに、リラックスすることが期待できます。また、病院選びや名医を探すことについて、考え直すきっかけになるかもしれません。

検査によって発症が確認された以上、治療を行わないわけにはいきません。何もしないでおけば、そのまま末期に向かって進行してしまうだけです。大腸がんの手術を行えることは、症状の改善へかけられる期待の大きさという観点で言えば、幸運と捉えることもできます。直接病巣を切り取ることで、大きな治療効果を得ることができるからです。踏み切る勇気が出ない場合には、これまでに決断をしてきた患者さんの体験談を読むことで、気持ちを鼓舞してみてはいかがでしょうか。

 大腸がんの予防

ガン治療に最も効果的な食事法

大腸がん予防にもっとも重要とされているものは食事です。発症リスクを高めるのはいわゆる西洋食で、動物性の脂肪やたんぱく質を過剰に摂取し、野菜が不足しているもの、さらに直腸がんではビールなどが良くないとされています。反対に、大腸がん予防に有効とされているのは、穀物や豆、チーズ、牛乳、野菜、果物、魚などです。

食物繊維を豊富に摂取することが有効であると考えられていましたが、サプリメントによって過剰に食物繊維を取ることは逆効果であるともされます。大腸がん予防のためには、あくまでバランスの良い食事から様々な栄養素を摂取することが大切です。野菜には抗酸化作用などもありますので、色々なものをバランスよく食べるように心がけましょう。みかんや柿に含まれるベータCRPという成分が予防に有効という研究もあります。どれかに偏らず、緑黄色野菜や淡色野菜など、多くの種類を組み合わせて食べましょう。

また、適度な運動も大切です。内臓脂肪をためすぎないことは、大腸がん予防のためにも大切です。これはアディポネクチンを増加させることにもつながります。アディポネクチンとは、動脈硬化の予防に役立つとされていたのですが、近年では癌の発症リスクを抑えるためにも有効と考えられています。体に無理のない範囲でウォーキングや水泳などを生活に取り入れてみるとよいでしょう。すぐに予防の効果がでるわけではありませんので、楽しみながら続けられる範囲から始めることが大切です

 大腸がんの兆候

ガン治療に最も効果的な食事法

早期発見のためには、大腸がん兆候についての正しい知識を持ち、兆候が現われた時に見逃さないことが大切です。たとえば、血便や便が以前よりも細くなること、残便感、便の出が悪いといった症状があるようなら要注意です。まったく関係ない原因によって生じていることもありますが、大腸がんの兆候である可能性は否定できません。万が一のことを考えると、病院でしっかり検査を受けておくと安心でしょう。

発症が確認されてから名医を探すこと意味のあることですが、名医から治療を受けるのと同じように、初期症状の段階で発見することも重要です。そのためには、大腸がんの兆候を見過ごさないことと、まだ兆候も現われない段階で発見できる可能性もある定期的な検診の受診が重要な役割を果たします。いかに名医でも、病院で検査を受けない患者さんを救うことはできません。

治療を始めてからは専門医に任せることができても、検査を受けるかどうかは自分で決めるしかありません。普段は検診を受けていないという方は、大腸がんの兆候には敏感になった方がよいでしょう。初期症状であれば完治させることは十分に望めますが、悪化してしまうと命の危険も生じるようになります。末期に近いところまで放置しておいたのでは、名医を見つけても完治を目指せない場合も出てきます。そうなる前に手を打っておくことが大切です。

 大腸がんの肝臓転移

ガン治療に最も効果的な食事法

大腸がん肝臓に転移すると、命に関わる事態にもなりかねません。早めに治療を行っておけば、肝臓転移の場合でも治癒させることは可能ですので、まずはどのような状況になっているかを確かめることが大切です。大腸がんが肝臓転移している場合、転移した肝臓を手術することができる場合も少なくありませんので、諦めないで下さい。また、単独で手術を行うだけではなく、抗がん剤を事前に用いることで病巣を縮小させ、切除ができない大きさだったものでも手術ができるようになることがあります。

また、手術を用いることのできない大腸がんの肝臓転移に、ラジオ波治療を用いる場合もあります。体外から針を刺して行う場合の他、開腹を行ってから行う場合もあります。ただし、手術と比べると治療の効果は落ちますので、切除することができない場合に、ラジオ波治療によって癌細胞を焼き切るということになります。

また、分子標的治療薬についても注目が集まっていますので、大腸がんが肝臓に転移している場合であっても、今後ますます選択肢が増えていくでしょうし、期待できる成果についても向上することが予想されます。

copyright © 2005 大腸がん検査や治療の疑問相談室 all rights reserved.